どろあわわの泡

どろあわわの泡

泡立てネットを使う

 

しっかりした泡が売りのどろあわわですが、
手だけで泡を作ろうとしても十分にはできません。

 

そこで泡立てネットを使うのがオススメです。
そうすると、もこもこしたしっかり泡ができますので
これで洗顔します。

 

洗いあがりがさっぱりしていて、
朝晩使い続けていますが、毛穴が目立たなくなってきたようです。

 

(25歳)

 

弾力のある泡ができる

 

ネットが付属してきますので、それで泡を作ると弾力のあるものができます。
その時に使うどろあわわに量ですが、2センチくらい出せば十分です。

 

この量ですと、洗顔だけでは余りますので、
残った泡でデコルテまでしっかりと洗えてしまいます。

 

洗浄力が強いということでつっぱるかと思ったのですが、
それはありませんでしたので気に入っています。

 

1日1回の使用で、肌の透明感が上がってきたように思います。

 

(29歳)

 

つっぱり感がない

 

きめ細かい泡とか、あとは泥が使ってあるということで
皮脂が取れすぎてしまうようなイメージがありましたが、
洗い心地も洗い上がりも良かったです。

 

心配していたつっぱり感はありませんでした。

 

(34歳)

 

【メモ】

 

どろあわわの大きな特徴の一つは、
キメが細かく、しかもしっかりしている泡ですね。

 

泡で洗顔することで、肌を傷つけてしまうのを防ぐことができます。